環境ビジネスを応援します!環境ビジネスエージェンシーのブログ

ここは株式会社環境ビジネスエージェンシーのブログです。
環境で事業の発展を目指す法人の皆様をプロモートすることが私たちのミッションです。
そのために必要な環境ビジネスに必要な人、情報、インフラ、全ての経営資源をコーディネートします。

selected entries

search this site.

categories

links

archives

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR

2015.01.13 Tuesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

2015.01.13 Tuesday

1/17(土)「宇部と地球の環境を考えるフォーラム」に弊社代表鈴木が出演します

こんにちは。
環境ビジネスエージェンシー/環境リレーションズ研究所からニュースです。

「宇部と地球の環境を考えるフォーラム」が、今週末に開催されます!
代表 鈴木敦子がワークショップコーディネータとして参加致します。

本フォーラムは、新たな環境教育・学習の場として平成27年3月21日にときわ動物園・体験学習館が
オープンすることを記念し、動物園・体験学習館を通じた環境教育・環境学習の在り方について
考えることを目的に開催されます。

宇部市長の市政報告、竹本徳子教授の講演につづき、市民の皆様とのワークショップでは、
市民の皆様と「ときわ動物園をどのように生かすか?」をテーマに、コーディネートを
当社鈴木が担います。


【開催日時】
2015年1月17日(土曜日) 13時30分〜16時

【開催場所】
ときわ湖水ホール 大展示ホール

【対象】
どなたでも

【参加費用】
無料

【その他】
ワークショップは事前申込制となっています。
環境政策課まで、参加者名、連絡先を電話、ファックスまたはEメールでお知らせください。

【詳細・お問い合わせ】宇部市公式HPからお願い致します。
http://www.city.ube.yamaguchi.jp/event/kouen_doubutsuen/forum.html


2015-01-13.jpg


お近くの皆様、是非お気軽にお立ち寄りください♪


2014.11.27 Thursday

【大気】大気への水銀排出規制/鉄鋼設備は対象外/環境省方針/自主管理の仕組み導入(全国)

 水銀の排出などを規制する「水俣条約」の批准に向け、関連する国内法の改正を検討している環境省は、大気汚染防止法で定める排出基準に関し、鉄鋼製造設備については順守義務を求めない方針を固めた。代わりに鉄鋼メーカーによる自主的な管理が必要と判断。来年の通常国会に提出する改正案には、鉄鋼設備に対し自主管理を求める文言を盛り込む方向で検討している。

 21日の中央環境審議会(環境相の諮問機関)・水銀大気排出対策小委員会で、こうした方針を示した。水俣条約では、大気排出を規制する対象設備として、石炭火力発電所、産業用石炭燃焼ボイラーなど5分類を規定。鉄鋼製造設備は規制対象外となっている。

2014.11.26 Wednesday

2014年 年末年始休業のお知らせ

関係各位


拝啓 時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のお引立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

さて誠に勝手ながら、弊社では下記日程を年末年始休業とさせて頂きます。

  2014年12月27日(土) 〜 2015年1月4日(日)
  ※1月5日(月)から平常どおり営業いたします。

ご不便をお掛けすることと存じますが、何卒ご寛容くださいます様お願い申し上げます。
なお期間中のお問い合わせにつきましては、1月5日(月)以降、順次ご対応させて頂きます。

本年も大変お世話になり、ありがとうございました。
来年も変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。
                     
                                       敬具

                        株式会社 環境ビジネスエージェンシー

2014.11.23 Sunday

【水質】排出基準値超えの汚水を流した疑いで書類送検 七尾海保(石川)

 七尾海上保安部は20日、林ベニヤ産業(大阪市中央区)と、同社専務取締役(71)、七尾工場長(66)ら6人を水質汚濁防止法違反容疑で書類送検し、発表した。

 保安部によると、同社は合板の製造・販売会社。専務取締役らは6月11日〜7月1日、県の条例で定められた基準値を超える汚水を七尾工場から七尾湾に流した疑いがある。保安部が調べたところ、水の汚れを示す化学的酸素要求量(COD)が基準値の約5倍などとなったが、魚が浮くといった目立った被害は確認されていないという。

出典:2014/11/21付 朝日新聞 朝刊

2014.11.08 Saturday

【水質】基準超える廃水流す 不二サッシ子会社に市原市が改善命令(千葉)

 水質汚濁防止法の排水基準を超過した排出水を意図的に海に流したなどとして、市原市は5日、不二ライトメタル(本社・熊本県長洲町)に同法に基づく改善命令を、親会社の不二サッシ(同・川崎市)には市との「環境保全に関する協定」に基づく改善指示を出した。

 同日、市役所で会見した両社によると、不二ライトメタル生産本部東日本事業部(市原市八幡海岸通)で、2009年ごろから14年8月までの夜間に基準値を超えるアルカリ性の廃水を海に排出していた。
 社内調査の結果、故障などで廃水処理施設の能力が低下し、処理できなかった分を排出していたという。1日あたり最大で10立方メートルが海に排出されていた、とみている。
 工場からの廃水は水質測定を行い、異常があれば自動的に工場外への排出を止める仕組みだったが、担当の作業員数人が測定結果に変化がでないよう不適切な操作をしていたという。

 不二サッシの土屋英久社長は「心より深くおわび申し上げます」と陳謝した。同社は再発防止策を、12月4日までに市に報告する。
 千葉海上保安部は両社を水質汚濁防止法違反の疑いで捜査している。

出典:2014/11/06付 朝日新聞 朝刊

2014.10.27 Monday

【労働安全】労働安全衛生法違反:無届けで石綿除去 容疑で業者ら書類送検−労働局(大阪)

 無届けで石綿の除去作業をしたとして大阪労働局は24日、大阪市港区の建築業「東南興産」と同社課長代理(41)や、下請けの解体業者の支店長(60)らを労働安全衛生法違反容疑で書類送検した。

 容疑は今年4月、大阪市住之江区の倉庫解体工事で、天井などに吹き付けられていた石綿の除去作業をする際に義務づけられている労働基準監督署への届け出などをしなかった、とされる。

 大阪労働局によると、課長代理と支店長は石綿が含まれていることを知りながら、作業をした孫請けの業者らに石綿が含まれていることを伝えず、作業員15人は全身を覆う保護衣などをつけないまま解体作業をした。課長代理らは「石綿対策をすることで、費用や工期がかかるのを避けたかった」などと容疑を認めているという。

出典:2014/10/25付 毎日新聞 地方版

2014.10.27 Monday

【リサイクル】建設・解体現場 4件の違反確認 県内一斉パトロール(岡山)

 県は24日、建設リサイクル法に基づく県内自治体による一斉パトロールの結果をまとめた。20〜24日に10市の建設・解体工事現場など計69カ所を点検し、業者名などを記した標識を掲示していない4件の違反を確認した。
 違反は総社市で2件、高梁、倉敷市で各1件。その場で標識の掲示を指示し、24日までに全て改善された。
 パトロールは県と各市が役割分担し、労働基準監督署と実施。国は5、10月をパトロール強化月間としている。

出典:2014/10/25付 山陽新聞朝刊

| 1/53PAGES | >>